ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン110番

年間駆除実績 3000件以上
無料相談・無料お見積りはコチラ。専門のスタッフが対応いたします。

ハクビシンの危険性

「ハクビシン」って駆除が必要?

ハクビシンは、近年駆除対象の害獣としていろいろなところで名前を聞くようになりました。モグラやタヌキといった畑の作物を荒らす生き物として日本のいたるところでハクビシンの目撃例、捕獲例が報告されています。

かわいらしい見た目をしているのになぜ害獣の対象になるのか?

それは我々人間の暮らしを脅かすからです。作物を食い荒らすだけなら他の動物たちも行うことではありますが、他の駆除対象動物よりも恐ろしい点はたくさんあります。その1つが「ダニ・ノミ」といった外注を大量に体毛に潜ませているということです。暖かく雨風をしのげる家屋の天井裏や床下で生活をすることが多いので、駆除をせずそのままにしておくと持ち込んだ大量のダニやノミを家屋の中に広げます。そのため、駆除した後でもダニやノミの被害に悩まされる2次被害のケースがかなり報告されています。また、存在に気づいても駆除せずに放置したため屋根裏や床下を巣にして糞や尿を大量に同じ場所にします。同じ場所に糞や尿をし続け溜まると異臭はもちろんのこと、屋根裏から尿が染み出し菌が繁殖し早めに駆除しないと他の害虫なども呼び込み衛生的にも家屋の寿命的にも危ない状況を引き起こしかねません。

施工の後

また、ハクビシン駆除はとても大切ではありますが施工が終わってからも気が抜けません。一度でも住み着いた場所というのは暮らしやすい環境だということが言えます。施工が終わって安心する前にかならずハクビシンが進入した経路を絶たなければいけません。屋根裏の隙間や、床下の通気口を塞ぐ作業が必要です。施工に関してはプロの業者はその辺りをきっちり行います。床下の通気口に頑丈なアルミの網を貼ったり、害獣が嫌う薬品をまき近寄らせなくするなど、施工後も再発がおこらないように徹底的に予防策を行います。このように甚大な被害をもたらすので駆除だけでなくその後のケアも大事になってきます。

「ハクビシン」の特徴と被害

もともと夜行性のため退治は昼間に行うことが多いです。夜はとても活発になり動き回るので被害にあわれているお宅では屋根裏での騒音に悩まされるケースがかなり多いです。ハクビシン駆除依頼ではなくネズミの駆除依頼で業者がかけつけ、足音騒音の原因、屋根裏を確認してみるとネズミではなくハクビシンだったので駆除がより大変だったというケースはかなりあります。ご存知の方は依頼する際にすぐにわかるそうなのですが、あまり知識が無い方はネズミかと思い依頼をするケースが多いそうです。 ネズミ駆除でもするならそんなにかわりないと思う方もいらっしゃると思いますがネズミ以上に大変なのです。サイズですが胴長が50cm以上あり、ネズミの倍以上の大きさがあります。しかもネズミ並みのすばしっこさがあるため捕獲の労力はネズミ1匹の駆除の労力よりもはるかに高いのです。また、ネズミは小さいため粘着性のテープなどでも捕まえることは可能ですが、しっかりとした5本指の力強い足を持ち、ネズミの倍以上の体格を誇る完全に駆除するためには粘着性のテープでは捕獲することは不可能です。

駆除って自分でもできる?

捕獲する手段としてもっとも用いられているものがいわゆる折になっている罠を設置し、えさを置き捕獲をします。もちろん待ち構えている人の前にいれば網などで捕獲することもありますが、家屋に生活している跡はあるのにいない場合、捕獲するためにまずは罠を設置します。つかまらない場合はえさを交換したりして、とらえられるのを気長に待つ場合もかなりあります。このようなことをふまえると捕獲は自分でできるのではないか?と考える人は多いと思います。たしかにインターネットの通信販売を見てみてもタヌキやハクビシン駆除用の檻の罠は20,000円前後で販売されています。しかし、捕獲するためには実は自治体の許可がいるのです。捕獲するために罠を設置し捕らえる行為は狩猟免許と捕獲許可が必要になり、各都道府県の自治体で申請をしなくてはなりません。もし、無許可で捕獲を行っていた方がいたらそれは法律違反になるのです。その点プロの業者であればすでに害獣捕獲に関する免許・許可は取っているので安心して業務を委託できます。悪徳な業者は捕獲に必要な免許・許可を持たずにやるというところもありますので必ず業者に施工を依頼するときは確認をしましょう。

専門家に依頼しましょう

このように「百害あって一利なし」の生き物ですが、実際に目撃すると愛らしい見た目をしておりハクビシン駆除をするのをためらいがちになってしまします。しかし、鋭利な爪を持っており引っかかれたりかまれたりする被害も多くの菌や害虫までも運び込む特徴を考えたら発見後すぐに駆除・捕獲をプロに委託することをオススメします。もともと江戸時代にはハクビシンを捕まえたという記録は残っておらず、明治時代辺りに外国から入ってきたとも言われています。鼻の辺りが白い模様になっており「はくびしん(白鼻芯)」と呼ばれるようになったとのことです。駆除をしたとしても、1度に5匹以上の子供をほぼ毎年生み続けるため数はどんどん増加傾向にあり依頼の件数もどんどん増えてきています。雑食でなんでも食べるハクビシンは都会の首都圏でも駆除の例がどんどん挙がっており、人の暮らしに密接に関わる害獣となりつつあります。かつては農作物がやられるとタヌキかモグラかという人がほとんどでしたが、被害の数を見るとタヌキの被害とほぼ同等になっており、種の増加の勢いがうかがえます。

少しでも不安があれば当社へ!

自分でハクビシン駆除を行うことは一部では可能でも完全に安心できるまでやるとなるとかなりのお金と労力を使います。駆除したいという場合は免許や許可もしっかりした業者が行うことで完全駆除をし、再発を防ぎ安心した暮らしを取り戻したところで初めて完了したと言えるのではないでしょうか。捕獲件数がどんどん上がっているのは人間の暮らしが豊かになるにつれて増えていっているということになります。捕獲を依頼した経験のあるご家庭しか本当の恐怖や危険性は理解できません。しかし、大切なご家庭や家屋を守るためにハクビシン駆除の依頼は見かけたらすぐにすることをお勧めいたします。当社ではハクビシン以外にもほかの害獣も対応しておりますので「ハクビシン駆除をしたいのだけど、どんな動物か分からない」であったり「近所で見かけたのでウチはまだ被害はないと思うが施工の必要があるかどうか見に来て欲しい」といったような気軽なお問合せでもまったくかまいません。「家に限ってまさか」と思い続け対応が遅くなってしまっては手遅れになります?是非、少しでも不安になれば当社にお問合せ下さい。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

ハクビシン駆除はハクビシン駆除110番!無料相談・無料お見積もり・ご依頼はお気軽にお電話ください。

全国のハクビシンのご相談はコチラ
各種クレジットカード使用可能です。
取材依頼多数!
  • ハクビシン駆除までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ハクビシンの種類と危険性
情報漏洩対策処理対応万全
ハクビシン駆除110番の4つの強み

対応エリア

全国対応!!
北海道
青森県 岩手県 宮城県秋田県
山形県 福島県
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
茨城県 群馬県 栃木県
愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
新潟県 長野県 山梨県 福井県
石川県 富山県
大阪府 京都府 兵庫県 奈良県
滋賀県 和歌山県
広島県 岡山県 山口県 鳥取県
島根県 徳島県 高知県 愛媛県
香川県
広島市 岡山市
福岡県 長崎県 佐賀県 熊本県
大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄県

選ばれる4つの理由

選ばれる4つの理由0120-021-072

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

ハクビシン駆除の流れ

駆除の流れ フリーダイヤル0120-021-072

ハクビシン駆除110番の取引実績

弊社の取引実績について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にハチ110番をご利用頂いたお客様から、アンケートをいただきました。ご利用後、アンケートに応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

大分県40代男性 5/20
夜になると天井裏で足音がしはじめ、時には泣き声も聞こえるようになりうるさくて、怖くて眠れませんでした。当社に電話をしたら翌日調査に来てくれて屋根裏の進入口を塞いでもらい、糞の除去もしてもらい被害はなくなりました。調査のときにわかりやすく説明してもらい価格も納得のいくものだったのでとても安心できました。知り合いにも勧めたいと思います。
愛知県30代女性 4/21
天井裏に茶色いシミができていました。夜に天井裏から足音も聞こえるようになり、ねずみにしては大きすぎる足音だったのでまさかと思い「ハクビシン110番」に調査の依頼をしました。思ったとおり天井裏に住み着いていて糞により天井にシミができてしまっていました。当社は駆除や糞の始末だけでなく天井の修理までしてくれたので助かりました。
岡山県60代男性 4/10
家の床下の通気口からが出入りしているのを見かけて「ハクビシン110番」に電話をしました。調査をしてもらったところやはり自宅の床下が巣になっており糞がたくさんあることがわかり、駆除と通気口を塞いでもらいました。ムリに高い工事ではなく必要最低限の駆除で安く済みとても助かりました。
神奈川県20代女性 4/15
家庭菜園の野菜がなにかに食べられていたので不安に思い電話をさせていただきました。すぐに調査に来てくれてとても丁寧な説明をしていただきました。 結局別の動物だったのですが、それでもちゃんとした説明、害獣予防の提案をしていただき感謝しております。
静岡県30代男性 5/8
近所でハクビシンが出たという連絡をもらって不安になり電話をしました。調査後丁寧な説明をしていただき、家の床下の通気口に入ってこられないように施工をしていただきました。今はとても安心して暮らせています。ありがとうございました。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

よくあるご質問

自分でハクビシン駆除することはできますか?

よくあるご質問
はい、可能です。自治体によっては捕獲器の貸し出しのみを行っている自治体もあります。 しかし、ハクビシン駆除する場合は、鳥獣保護法により各自治体に駆除申請し、許可が必要になります。

料金はどれくらいかかりますか?

よくあるご質問
ハクビシン駆除方法は現場の状況に応じて変わります。
無料調査にお邪魔してお見積を出させていただいております。

作業時間はどれくらいかかりますか?

よくあるご質問
現場により異なりますが、おおよそ2~3時間です

調査をお願いしたい、家の中のどこを駆除するのですか?

よくあるご質問
押入れの天袋上、点検口窓から天井裏を確認します。 また、どこから進入したのかを調査するため家周りを調査します。

よくあるご質問について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-021-072

会社情報ついて