ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ

フリーダイヤル0120-021-072

こんなにも怖いハクビシン

【こんなにも怖いハクビシン】

ハクビシンは、ネコ目ジャコウネコ科の動物です。外来種とかんがえられています。
頭胴長約61-66㎝、尾長40㎝、体重2-3㎏程度です。
植物食中心の雑食性です。木登りが得意で、樹洞やタヌキなどの動物が使い古した巣穴などに棲みかにする。
民家の軒下・屋根裏などに棲みつくこともあり、夜行性で、昼間は潜んでいます。

群れでいることが多く複数の家族による共同体でいることが多い。

【ハクビシンによる被害】

  1. ①農業被害

雑食性のため、深刻な農業被害を与えます。ビニールハウスに侵入するので、小さな穴でも補修の必要があります。一度食物を見つけると同じ路をとおり、毎夜おとずれて被害はひろがります、

  1. ②住民被害

民家の屋根裏に棲みつき、足音の騒音、糞尿による悪臭、天井のシミ汚れなど、生活被害は甚大となります。

  1. ③住宅被害

また、ハクビシンは糞を同じ場所にする特性があるので、糞の重みで天井が抜けることもあります。

  1. ④衛生面の被害

また、野生のハクビシンは雑菌を持っています。さらに天井裏にたまった糞尿は雑菌が繁殖します。人間にも衛生的な面で問題が発生することが少なくありません。

  1. ⑤野外での被害

ハクビシンが民家に侵入し、飼っている金魚や亀をたべたり、ニワトリなどが餌食になったという例もあります。

  1. ⑥騒音被害

ハクビシンは夜行性のため、もの凄い音をたてることがあります。住民が夜、眠れないという例もあります。