ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ

フリーダイヤル0120-021-072

ハクビシンは駆除するべき?

【ハクビシンは駆除するべき?】

ハクビシンも生きていく上で色々と頑張っております。しかし、たまたまハクビシンたちの生活するスペースが人間の居住区なだけで必ずしも、ハクビシンを駆除する必要はないのでしょうか。特に、ハクビシンによるトラブルがないようであれば駆除する必要ありません。たまたま、居住区の近くを通りかかっただけのハクビシンを血眼になって駆除しなくてもいいでしょう。また、ハクビシンで少しトラブルがあったとしても駆除を考える前に、「ハクビシンの侵入防止策」を考えてみてはいかがでしょうか。

【鳥獣保護法】

ハクビシンは鳥獣保護法によって守られておりますので無許可での捕獲、殺傷は禁じられています。また、ハクビシンによる駆除があったとしても無許可での捕獲・駆除はいけません。「有害駆除」というものが認められているものの、お住まいの都道府県や市区小村に申請をし、ハクビシンを駆除するための許可をとりましょう。

【「人間に与える害」とは】

また、ハクビシンを駆除するためにおりる許可のうち「人間に与える害」とはなんでしょうか。一般的にいわれるハクビシンによる「有害」とは「家屋侵入」や「農菜園業における被害」のことをさします。

ハクビシンの家屋侵入は糞・尿などを天井裏や屋根裏でしますのでそれがシミになって広がったり、悪臭を放ったりし人間が生活していく環境としては好ましくない状況へとなってしまいます。また、ハクビシンは夜中に行動する事が多く騒音の被害もでてきます。そういった場合に限りハクビシンの駆除を考えれてみてはいかがでしょうか。

最後に、必ずしもハクビシンは駆除しなければならない動物というわけではありません。出来る限り、ハクビシンを駆除するのではなく遠ざける、追い払うといった考えをお持ちいただくようお願いいたします。